お金を借りる場合

総量規制の対象外となる銀行では、利用限度額が100万円以下のカードローンは、申込者本人の収入を証明する書類の提出を求められない場合もありますが、総量規制対象のカードローンの場合は、利用限度額が50万円を超えるカードローンや、他社との合計額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が求められます。また金融機関や貸金業者から、お金を借りる場合は、利用限度額にかかわらず、本人確認書類が必要となります。
まず、収入を証明する書類についてですが、たしかに、希望する利用限度額によっては、収入を証明する書類を提出しなくても良い場合がありますので、ほかに借り入れがなく、希望しているカードローンも30万円限度のものなので、収入証明はあまり関係ないかもと思う方もいるかもしれません。しかし、提出しなくても良い場合でも、お金を貸す側から提出を求められた場合は、これを出さないと審査を進められません。ですから、上限額が低いカードローンを希望している場合でも、求められたら、いつでも提出できるようにしておくべきですし、口頭の申告などで、事実と違う年収を伝えたりはしないようにしてください。
とくに銀行のカードローンの場合は、収入を証明する書類の提出は求められることが多いので、そのつもりでいたほうが良いでしょう。

Comments are closed.